最先端の科学を基に開発!持久系アスリートのためのエナジー補給サプリ

Beta Fuel(ベータフュール)は、世界有数のスポーツ科学機関であるリバプール・ジョン・ムーア大学での研究と、イギリスのプロサイクリングチームであるINEOS Grenadiersをはじめとするトップアスリートの協力により、数年かけて開発されました。

オリジナル製品は2018年のジロ・デ・イタリアで優勝したクリス・フルーム選手の原動力となりました。
また、2020年のジロ・デ・イタリアで優勝した、イギリス人サイクリストのタオ・ゲーガン・ハート選手も新製品のトライアル版を使用していました。

持久運動を行う際には、血糖値維持、疲労防止のために、1時間あたり80~120gの炭水化物を摂取することが推奨されます。
ベータフュールを摂取すると、胃腸の負担を最小限に抑えながら補給ができるため、より効率的に炭水化物の補給ができるようになります。

 

持久運動を行う際には、血糖値維持、疲労防止のために、1時間あたり80~120gの炭水化物を摂取することが推奨されます。ベータフュールを摂取すると、胃腸の負担を最小限に抑えながら補給ができるため、より効率的に炭水化物の補給ができるようになります。

SHOP BELOW



ベータフュールが選ばれる5つのポイント

ベータフュールを摂取したトップサイクリストが優勝している

オリジナル製品は2018年ジロ・デ・イタリアで優勝したクリス・フルーム選手の原動力となりました。

また、2020年ジロ・デ・イタリアで優勝した、イギリス人サイクリストのタオ・ゲーガン・ハート選手もベータフュールのトライアル版を使用していました。

世界最先端のスポーツ科学とトップアスリートの協力をもとに開発されている

ベータフュールは、世界有数のスポーツ科学機関であるリバプール・ジョン・ムーア大学での研究と、イギリスのプロサイクリングチームであるINEOS Grenadiersをはじめとするトップアスリートの協力により、数年かけて開発されました。

満腹感と吐き気の症状を軽減しながら、効率的なエネルギー補給が可能となり、最大スプリント10回時の平均パワーを3%向上させる

サイエンスインスポーツの【Performance Solutions Director】のJames Morton教授(写真)は次のように述べています。

「どのようなスポーツにおいても、競技中に素早く、便利に、そして十分に燃料を補給することは最大の課題の一つです。ベータフュールの科学的根拠に基づいたマルトデキストリンとフルクトース(ぶどう糖)の正確な配合比率により、より速くエネルギーを補給することが可能になります。」

パウダー、ジェル、チューブの3種類の摂取方法が可能

新しいベータフュールシリーズは、エナジードリンクパウダージェルグミバーの3つの方法で摂取することができます。

SiSの製造施設・全商品は、スポーツで禁止されている様々な物質について、製品が検査されたことを保証する『インフォームド・スポーツ』の認定を受けている

弊社の工場から出荷される製品は、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の禁止物質リストに対して検査されており、プロアスリートでも、使用にできるように品質管理を行なっておりますので、ご安心ください。



ベータフュールの4種類の製品について

ベータフュール 80 パウダー

特徴:1食分(80g)のパウダーを 500-600mlの水に溶かして飲みます。600mlの水と混ぜると、アイソトニック(人間の体液とほぼ同じ浸透圧)になります。

フレーバー:オレンジ、ストロベリー&ライム、レッドベリー

摂取方法 :長時間の持久力運動の際に、1袋分(80g)を600mlの水に混ぜて、20分間隔で飲むと、必要な燃料を補給できます。1時間ごとに1袋のパウダーを摂取するか、ジェルやチューバーと組み合わせて、1時間ごとに80~120gの炭水化物を摂取します。

ベータフュール ジェル

特徴:40gの炭水化物を含むエネルギージェルです。腸内に素早く吸収されて素早くエネルギーになります。(脂肪や繊維が多く含まれている固形補給食の場合、消化に時間がかかり、運動中に膨満感や不快感を感じやすいですが、ベータフュールジェルの場合感じにくくなります。)

フレーバー:オレンジ、ストロベリー&ライムアップル

摂取方法:スポーツや運動の内容にもよりますが、80g~120gの目標摂取量を達成するためには、運動中に1時間ごとに 1~3 本以上のジェルを摂取することを目安にしてください。

ベータフュール ジェル + ヌートロピック

特徴:40gの炭水化物と認知機能を高めるヌートロピックを含むエネルギージェルです。腸内に素早く吸収されて素早くエネルギーになります。

認知機能を高めるヌートロピックは、特に体力が落ちやすい運動の後半に必要な精神的な高揚感を与えてくれます。

※ SiSの製造施設、及び全商品は、スポーツで禁止されている様々な物質について、製品が検査されたことを保証する『インフォームド・スポーツ』の認定を受けていますので、ご安心ください。

フレーバー:アップル、レモン&ライム

摂取方法:ベータフュールジェル + ヌートロピックは、運動の後半やパフォーマンス効果を発揮したい60分前までに、1日1回を限度に摂取してください。

ベータフューエル エナジーチュー

特徴:45gの炭水化物(マルトデキストリンとフルクトースを1:0.8の比率で配合)を含む、グミのような固さのチューバーです。

フレーバー:オレンジ、レモン

摂取方法:スポーツや運動の内容にもよりますが、80g~120gの目標摂取量を達成するためには、運動中に1時間ごとに 1~3 本以上のチューバーを摂取することを目安にしてください。



おすすめの摂取タイミング


運動時間2時間 → 1時間あたり80~120gの炭水化物

・500mlあたり80g のベータフュールパウダーを混ぜたボトル  x 2本

・45g ベータ フュール エナジーチュー x 1個

・40g ベータフュールジェル + ヌートロピックx 1個

 = 総炭水化物量:約245g


運動時間3時間 → 1時間あたり80~120gの炭水化物

・500mlあたり80g のベータフュールパウダーを混ぜたボトル  x 2本

・45g ベータ フュール エナジーチュー x 2個

・40g ベータフュール ジェル x 1個

・40g ベータフュールジェル + ヌートロピックx 1個

 = 総炭水化物量:約330g


運動時間4時間 → 1時間あたり80~120gの炭水化物

・500mlあたり80g のベータフュールパウダーを混ぜたボトル  x 3本

・45g ベータ フュール エナジーチュー x 2個

・40g ベータフュール ジェル x 1個

・40g ベータフュールジェル + ヌートロピックx 1個

 = 総炭水化物量:約410g